背中ニキビに悩む人に絶大な支持を得るニキビケアジェル、ジッテプラス。

そんなジッテプラスですが、顔のニキビにも効果があるのでしょうか?

ジッテプラスは顔ニキビにも効果ある?

背中ニキビのケア用品とてしてのイメージが強いですが、
ジッテプラスは顔ニキビ(大人ニキビ)にも効果があります。

その理由としては次の3点です。

・部位に関係なく作られている
・ニキビのケア方法はどの部位でも同じ
・顔に効果があったという口コミがある

部位に関係なく作られている

まず、ジッテプラスは部位に関係なく作られています。

その証拠に、公式サイトにも次のように明記してあります。

背中ニキビや顔だけでなく、腕やデコルテ、全身に使えるということなので、顔に使っても問題ありません。

ニキビのケア方法はどの部位でも同じ

ニキビというのは、どの部位でも対策は基本的には同じになります。
顔にできたニキビからといって、別のケアをする必要はないということです。

背中ニキビに効果があるケア用品であれば、顔ニキビに関しても効果ありです。

顔のニキビに効果があったという口コミがある

ジッテプラスの口コミを調べてみると、実際に顔ニキビに効果あったという口コミもあります。

こちらの口コミをご覧ください。

おでこに大きく出来てしまったニキビやニキビ跡ケアに。

1ヶ月経過して、ニキビはキレイに消えてくれニキビ跡は少し目立たなくなったように思います。
ニキビも出来なくなりました。
ニキビが出来やすいので、嬉しいです!

このように、顔のニキビが改善したという口コミもあるので、顔へのニキビケアにも問題なく使っていけるでしょう。

ジッテプラスの顔のニキビ跡への効果は?

ジッテプラスの顔の「ニキビ跡」への効果は期待できます。
保湿でターンオーバーを改善することによって、古い皮脂から新しい皮脂への入れ替わりを促進できるからです。

ただし、ニキビ跡の中でも改善しやすいものとしにくいものがあります。

次の医師へのアンケート結果によると、赤みのあるニキビ跡であれば改善しやすいという回答が多いことが分かります。

・赤みのある色素沈着したニキビ跡
・茶色く色素沈着したニキビ跡
・クレーター状になったニキビ跡
・ケロイド状になったニキビ跡
上記の中でどれが一番消しやすいかを訪ねたところ、なんと7割以上の医師が赤みのあるニキビ跡が最も改善しやすいと答えました。

逆に、ケロイド状(傷跡ややけど跡のように赤く盛り上がっている場合)やクレーターになってしまったものは改善しにくいです。

医師に聞いてみた所、「ケロイド状のニキビ跡が改善しにくい」と答えた医師が全体の60%以上にのぼりました。
また、クレーター状のニキビ跡が改善しにくいと答えた医師と合わせると95%になることから、色素沈着以外のニキビ跡を消すのは難しいと考える医師がほとんどであることがわかります。

赤みのあるニキビ跡であればジッテプラスでも十分改善の期待ができますが、そうでなければ皮膚科も検討した方が良いでしょう。

ジッテプラスの顔への使い方

ジッテプラスの顔への使い方は基本的には背中と同じで、清潔に洗ってから塗るだけです。

しかし、一点だけ意識して注意してほしい部分があります。

それは、ジッテプラスを塗ったあとに化粧水を塗るということです。

理由は、先に化粧水を塗ってしまうと、ジッテプラスの有効成分の浸透を化粧水が妨げてしまうからです。

逆にジッテプラスの跡に化粧水を塗ると、しっかりと有効成分を閉じ込めてくれるのでより効果的になります。

その一点だけ注意してみてくださいね。

ジッテプラスの悪い口コミが気になる人は次の記事をご覧ください。
→ジッテプラスの悪い口コミを集めてみたら衝撃の結果に・・

>>ジッテプラスを返金保証付きで試してみたい人はこちら